M o n t h A r c h i v e
前の月(01月)2008年02月のアーカイブ次の月(03月)
  • もしかして、春一番? -GR DIGITAL- - 2008年02月29日  (Fri)  00:54:58
    └ 先週の週末は風が強く、地元の大和川の川面が波打っていました。 荒れた冷たい風が身にしみました。 雲の流れも速く、この強風が春一番だったのでしょうか。 雲が風に散った後、青空が見えました。もうすぐ春ですねー。 休日の工事現場に残された「パワーショベル」が親子のように見えました。 「パワーショベル」は、通称「ユンボ」ですが、フランス語だったんですね。...
  • 万分の一の花 -GR DIGITAL- - 2008年02月27日  (Wed)  01:09:42
    └ 近づいていた春が遠のいたかのような寒さです。外気とカメラに手の温もりを奪われてしまいます。 近所に、万葉集に出てくる植物を植えている公園があります。 寄ってみると、春の到来を告げる「馬酔木(アセビまたは、アシビ)」が咲き始めていました。 馬酔木、馬が食べると酔ったように足をとられるそうです。 白い花の種類があるそうですが、この公園は紅淡色が咲いていました。...
  • 鉄橋を渡る響き -GR DIGITAL- - 2008年02月25日  (Mon)  00:10:06
    └ 自宅から徒歩圏にある大和川を渡るJR関西本線の鉄橋です。 事情はよく分かりませんが、上り下り別々の鉄橋が架かっています。 鉄橋に続くトンネルも上り下り別々で、トンネルを抜けると線路は再び並びます。 あと2枚も徒歩圏、通勤に利用している近鉄大阪線の鉄橋です。 アップ済みの近鉄道明寺線、南大阪線も徒歩圏にあるので 今回のTB企画「鉄道」のおかげで鉄道三昧でした。 TB企画の締め切りも間近なので、今回の更新も参加...
  • 働く電車と単線の端っこ  - GR DIGITAL - - 2008年02月23日  (Sat)  01:25:35
    └ どんな仕事をする電車なのかは、「にわか鉄ちゃん」の私には分かりません・・・^^;)    でも、明るい空に車体の色あいが鮮やかなので撮ってみました。 そしてこれは前述の単線、道明寺線のレールの端っこです。 ここは、「JR関西本線」との接点、柏原駅です。 17日の日曜日の近鉄道明寺駅。明るい空でレールも光ってますが、数時間前は、 こんな天気でした。霧のように見えますが、にわか雪が接近中です。 撮影し...
  • 最後尾の車窓から -GR DIGITAL- - 2008年02月21日  (Thu)  00:35:46
    └ 単線の道明寺線は2両仕立てで、乗務員は運転手だけです。最後尾から 見える景色を撮りました。駅は、「道明寺」「柏原南口(無人駅)」「柏原」の3駅だけです。 途中、大和川を渡る鉄橋があります。去年撮った写真はコチラです。 ふだんは、まばらな乗降客も8月1日の「PL花火大会」には、臨時増発をしても超満員になります。 GRブログのトラックバック企画「鉄道」に参加です。...
  • 起終点合わせて3駅 -GR DIGITAL- - 2008年02月19日  (Tue)  01:47:59
    └ 大阪府下でも数少ない単線、近鉄道明寺線です。写真は道明寺駅(藤井寺市)です。 近鉄道明寺駅とJR柏原駅の間、わずか2.2kmという近距離を結びます。 短いですが、無いと困る生活密着鉄道です。 向かって右が道明寺線、左は南大阪線で、阿倍野(大阪市内)と橿原神宮、吉野方面を結びます。 今回のGRブログのTB企画のお題が「鉄道」なので、しばらく「にわか鉄ちゃん」で、TB企画に参加します。...
  • 梅の花、咲く -GR DIGITAL- - 2008年02月17日  (Sun)  00:02:31
    └ 地元の道明寺天満宮の梅が咲きました。梅が咲いても、まだまだ寒い日が続いています。 背景には時節柄、合格祈願の絵馬でいっぱいです。 何気なく撮った少年野球の風景ですが、よく見ると少年達が、木のシルエットに咲く梅の花に 見えるような気がするのですが・・・ちょっと無理があるかな^^;)...
  • 土佐堀川の見える風景 -GR DIGITAL- - 2008年02月15日  (Fri)  23:40:11
    └ 先週日曜日、国立国際美術館の「30年分のコレクション」(期間終了)に再度行く機会が あったので、その行き帰りの撮影です。 ビルの合間を縫う、阪神高速道路のこの大きな曲線が好きです。 中之島を挟んで北側が堂島川、南側が土佐堀川、中之島の西側が安治川、 東側が大川(天満川)と区域によって名称が変わります。 土佐堀川は道頓堀川と繋がっています。...
  • 雨上がりの街角 -GR DIGITAL- - 2008年02月13日  (Wed)  00:17:04
    └ リュックから顔をだしていた犬のスナップ写真を撮った日の続きです。 雨上がりのミナミ界隈のスナップです。雪の翌日は、春を予感させる陽気だったのですが、 火曜日の大阪は、また冬に逆戻りで、冷たい雨が降りました。...
  • 一日限りの雪化粧 -GR DIGITAL- - 2008年02月10日  (Sun)  21:56:38
    └ 土曜日は、大阪にも雪が積もりました。大阪市内は11年ぶりに5センチ積もったそうです。 我家は、大阪でも奈良寄りなので、もう少し多めに降ったのかも知れません。 大粒のぼたん雪も午後からは霙になり、薄く積もった雪がゆるみはじました。 めったに降らないので、溶けないうちに撮りまくりです。 この次こんなに積もるのは、いつのことでしょうね。 一夜明けた日曜日は、雪が幻だったかのような晴天でした。...
  • 犬と虹色の傘、そして美術館 -GR DIGITAL- - 2008年02月09日  (Sat)  00:44:15
    └ 先週の日曜日、小雨の御堂筋を歩いていると前を歩く青年の背中に犬の顔が! 寒い小雨空に、ちょっと和む瞬間でした。 そしてもう一枚、無彩色の空に映える虹色の傘。 赤や黄色の車、ピンクやオレンジの自転車もかすんでしまう彩りです。 そんな小雨の寒い日、大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室で、 『写真の美術/美術の写真 「浪華」「丹平」から森村泰昌まで』が開催中なので観てきました。(3月23日(日)まで開催)土日...
  • 路傍のジオメトリック  -GR DIGITAL- - 2008年02月07日  (Thu)  00:21:57
    └ 寒いですが、とりあえずGRDを持って外に出てみました。 何気ないものも撮りはじめてみると、角度を変えたり高さを変えたりと少しは楽しめました。広角で上から撮ると、けっこう自分の足が写ってしまうんですね。 腕を伸ばして、足を引いて、やっぱり変な格好で撮っていました^^;)...
  • 一本の木と一台のバイクと一枚の羽根 -GR DIGITAL- - 2008年02月05日  (Tue)  00:51:26
    └ 立春を迎えても、まだ寒さは続くようです。 みぞれが降ったりしましたが、積もるような雪は降りませんでした。 (ちなみに、このカブは私のではありません^^) 寒くて曇っているからか、寂しげな撮り上がりになってしまいました。 ここで、どうでもいい情報をひとつ、このブログタイトルの「Piece of My Life 」は、 右横のAmazon.co.jpの欄に掲げているアルバム「Cheap Thrills」(ジャニス・ジョプリン率いる ビッグ・ブ...
  • 冬の散歩道 -GR DIGITAL- - 2008年02月02日  (Sat)  00:13:00
    └ ウラジロの葉が踊っているように見えました。 丸い綿毛は、コウヤボウキ(高野箒)の種子だそうです。 綿毛が飛んで行った後の状態です。 椿の時期もそろそろ終わろうとしています。節分が終わると立春ですね。...
  • 根の造形 - 2008年02月01日  (Fri)  00:02:49
    └ 冬の間、栄養を貯える力強い木の根 。 by GRD山肌から、はみ出した複雑な造形。 土の中では、もっと複雑に絡み合っているんでしょうね。 春が待ち遠しい今日この頃です。...
もしかして、春一番? -GR DIGITAL-
haruichiban1
先週の週末は風が強く、地元の大和川の川面が波打っていました。

haruichiban2
荒れた冷たい風が身にしみました。

haruichiban3
雲の流れも速く、この強風が春一番だったのでしょうか。

haruichiban4
雲が風に散った後、青空が見えました。もうすぐ春ですねー。

haruichiban5
休日の工事現場に残された「パワーショベル」が親子のように見えました。
「パワーショベル」は、通称「ユンボ」ですが、フランス語だったんですね。

2008-02-29(Fri) 00:54 風景 | コメント(0) | 編集 |

万分の一の花 -GR DIGITAL-

manyou1
近づいていた春が遠のいたかのような寒さです。外気とカメラに手の温もりを奪われてしまいます。

manyou2
近所に、万葉集に出てくる植物を植えている公園があります。

manyou3
寄ってみると、春の到来を告げる「馬酔木(アセビまたは、アシビ)」が咲き始めていました。

manyou4
馬酔木、馬が食べると酔ったように足をとられるそうです。
白い花の種類があるそうですが、この公園は紅淡色が咲いていました。

2008-02-27(Wed) 01:09 自然 | コメント(0) | 編集 |

鉄橋を渡る響き -GR DIGITAL-
tekkyou1
自宅から徒歩圏にある大和川を渡るJR関西本線の鉄橋です。
事情はよく分かりませんが、上り下り別々の鉄橋が架かっています。

tekkyou2
鉄橋に続くトンネルも上り下り別々で、トンネルを抜けると線路は再び並びます。

tekkyou3
あと2枚も徒歩圏、通勤に利用している近鉄大阪線の鉄橋です。
アップ済みの近鉄道明寺線、南大阪線も徒歩圏にあるので
今回のTB企画「鉄道」のおかげで鉄道三昧でした。

tekkyou4
TB企画の締め切りも間近なので、今回の更新も参加します。

2008-02-25(Mon) 00:10 鉄道 | コメント(6) | 編集 |

働く電車と単線の端っこ  - GR DIGITAL -

hataraku1
どんな仕事をする電車なのかは、「にわか鉄ちゃん」の私には分かりません・・・^^;) 

hataraku2 
でも、明るい空に車体の色あいが鮮やかなので撮ってみました。

tansen1
そしてこれは前述の単線、道明寺線のレールの端っこです。

tansen2
ここは、「JR関西本線」との接点、柏原駅です。

doumyouji3
17日の日曜日の近鉄道明寺駅。明るい空でレールも光ってますが、数時間前は、

fubuki1
こんな天気でした。霧のように見えますが、にわか雪が接近中です。
撮影して間もなく、雪が舞いはじめました。(積もらず、すぐに止みました)

GRブログのTB企画「鉄道」に参加です。

2008-02-23(Sat) 01:25 鉄道 | コメント(0) | 編集 |

最後尾の車窓から -GR DIGITAL-
syasou1
単線の道明寺線は2両仕立てで、乗務員は運転手だけです。最後尾から 見える景色を撮りました。

syasou2
駅は、「道明寺」「柏原南口(無人駅)」「柏原」の3駅だけです。

syasou3
途中、大和川を渡る鉄橋があります。去年撮った写真はコチラです。
ふだんは、まばらな乗降客も8月1日の「PL花火大会」には、臨時増発をしても超満員になります。
GRブログのトラックバック企画「鉄道」に参加です。

2008-02-21(Thu) 00:35 鉄道 | コメント(2) | 編集 |

起終点合わせて3駅 -GR DIGITAL-
doumyouji1
大阪府下でも数少ない単線、近鉄道明寺線です。写真は道明寺駅(藤井寺市)です。

doumyouji2
近鉄道明寺駅とJR柏原駅の間、わずか2.2kmという近距離を結びます。
短いですが、無いと困る生活密着鉄道です。

doumyouji3
向かって右が道明寺線、左は南大阪線で、阿倍野(大阪市内)と橿原神宮、吉野方面を結びます。
今回のGRブログのTB企画のお題が「鉄道」なので、しばらく「にわか鉄ちゃん」で、TB企画に参加します。

2008-02-19(Tue) 01:47 鉄道 | コメント(4) | 編集 |

梅の花、咲く -GR DIGITAL-
ume1
地元の道明寺天満宮の梅が咲きました。梅が咲いても、まだまだ寒い日が続いています。

ume2
背景には時節柄、合格祈願の絵馬でいっぱいです。

ume3
何気なく撮った少年野球の風景ですが、よく見ると少年達が、木のシルエットに咲く梅の花に
見えるような気がするのですが・・・ちょっと無理があるかな^^;)

2008-02-17(Sun) 00:02 自然 | コメント(2) | 編集 |

土佐堀川の見える風景 -GR DIGITAL-
tosabori1
先週日曜日、国立国際美術館の「30年分のコレクション」(期間終了)に再度行く機会が
あったので、その行き帰りの撮影です。

tosabori2
ビルの合間を縫う、阪神高速道路のこの大きな曲線が好きです。

tosabori3
中之島を挟んで北側が堂島川、南側が土佐堀川、中之島の西側が安治川、
東側が大川(天満川)と区域によって名称が変わります。
土佐堀川は道頓堀川と繋がっています。

2008-02-15(Fri) 23:40 街角 | コメント(4) | 編集 |

雨上がりの街角 -GR DIGITAL-
ameagari1
リュックから顔をだしていた犬のスナップ写真を撮った日の続きです。

ameagari2
雨上がりのミナミ界隈のスナップです。雪の翌日は、春を予感させる陽気だったのですが、

ameagari3
火曜日の大阪は、また冬に逆戻りで、冷たい雨が降りました。

2008-02-13(Wed) 00:17 街角 | コメント(0) | 編集 |

一日限りの雪化粧 -GR DIGITAL-
yukikesyou1
土曜日は、大阪にも雪が積もりました。大阪市内は11年ぶりに5センチ積もったそうです。
我家は、大阪でも奈良寄りなので、もう少し多めに降ったのかも知れません。

yukigesyou2
大粒のぼたん雪も午後からは霙になり、薄く積もった雪がゆるみはじました。

yukigesyou3
めったに降らないので、溶けないうちに撮りまくりです。

yukigesyou4
この次こんなに積もるのは、いつのことでしょうね。

yukigesyou5
一夜明けた日曜日は、雪が幻だったかのような晴天でした。

2008-02-10(Sun) 21:56 自然 | コメント(6) | 編集 |

犬と虹色の傘、そして美術館 -GR DIGITAL-
koinu
先週の日曜日、小雨の御堂筋を歩いていると前を歩く青年の背中に犬の顔が!
寒い小雨空に、ちょっと和む瞬間でした。

kasa
そしてもう一枚、無彩色の空に映える虹色の傘。
赤や黄色の車、ピンクやオレンジの自転車もかすんでしまう彩りです。

art
そんな小雨の寒い日、大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室で、
『写真の美術/美術の写真 「浪華」「丹平」から森村泰昌まで』が開催中なので観てきました。
(3月23日(日)まで開催)土日のPM2:30からは学芸員の方が解説しながら
案内してくださいます。 場所は、東急ハンズ心斎橋の隣です。

2008-02-09(Sat) 00:44 街角 | コメント(2) | 編集 |

路傍のジオメトリック  -GR DIGITAL-
geo1
寒いですが、とりあえずGRDを持って外に出てみました。

geo2
何気ないものも撮りはじめてみると、角度を変えたり高さを変えたりと少しは楽しめました。

geo3
広角で上から撮ると、けっこう自分の足が写ってしまうんですね。
腕を伸ばして、足を引いて、やっぱり変な格好で撮っていました^^;)

2008-02-07(Thu) 00:21 風景 | コメント(4) | 編集 |

一本の木と一台のバイクと一枚の羽根 -GR DIGITAL-

one1
立春を迎えても、まだ寒さは続くようです。

one2
みぞれが降ったりしましたが、積もるような雪は降りませんでした。
(ちなみに、このカブは私のではありません^^)

one3
寒くて曇っているからか、
寂しげな撮り上がりになってしまいました。
ここで、どうでもいい情報をひとつ、このブログタイトルの「Piece of My Life 」は、
右横のAmazon.co.jpの欄に掲げているアルバム「
Cheap Thrills」(ジャニス・ジョプリン率いる
ビッグ・ブラザー&ホールディング・カンパニー)の中の曲タイトル「Piece of My Heart」を
少し変えたものなのでした^^;)

2008-02-05(Tue) 00:51 風景 | コメント(0) | 編集 |

冬の散歩道 -GR DIGITAL-
fuyusanpo1
ウラジロの葉が踊っているように見えました。

fuyusanpo2
丸い綿毛は、コウヤボウキ(高野箒)の種子だそうです。

fuyusanpo3
綿毛が飛んで行った後の状態です。

fuyusanpo4
椿の時期もそろそろ終わろうとしています。節分が終わると立春ですね。

2008-02-02(Sat) 00:13 自然 | コメント(0) | 編集 |

根の造形
ne1
冬の間、栄養を貯える力強い木の根 。 by GRD

ne2
山肌から、はみ出した複雑な造形。

ne3
土の中では、もっと複雑に絡み合っているんでしょうね。
春が待ち遠しい今日この頃です。

2008-02-01(Fri) 00:02 自然 | コメント(0) | 編集 |



copyright © 2005 satothing all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
PROFILE

satothing

Author:satothing
Camera=RICOH GR,
RICOH GXR,
GR LENS A12 28mm F2.5
GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO,
RICOH GR DIGITAL IV
(GRD3 2010.2.22~2013.4.7)
(GRD2 2009.6.29~2010.2.19)
(GRD 2007.7.22~2009.6.27)
Year of birth =1961
Gender=Male
Graphic designer

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

flickr
satothing. Get yours at bighugelabs.com
RECENT ENTRY
ARCHIVE

2017年 11月 【10件】
2017年 10月 【18件】
2017年 09月 【17件】
2017年 08月 【19件】
2017年 07月 【17件】
2017年 06月 【16件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【23件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【22件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【23件】
2016年 09月 【16件】
2016年 08月 【27件】
2016年 07月 【30件】
2016年 06月 【31件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【29件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【28件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【27件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【30件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【29件】
2014年 08月 【24件】
2014年 07月 【26件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【31件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【29件】
2013年 03月 【29件】
2013年 02月 【25件】
2013年 01月 【18件】
2012年 12月 【20件】
2012年 11月 【18件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【15件】
2012年 08月 【20件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【28件】
2012年 05月 【24件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【17件】
2012年 02月 【15件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【3件】
2011年 10月 【3件】
2011年 09月 【20件】
2011年 08月 【16件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【26件】
2011年 05月 【30件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【15件】
2011年 02月 【15件】
2011年 01月 【22件】
2010年 12月 【22件】
2010年 11月 【23件】
2010年 10月 【18件】
2010年 09月 【16件】
2010年 08月 【16件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【26件】
2010年 05月 【30件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【17件】
2009年 12月 【17件】
2009年 11月 【19件】
2009年 10月 【19件】
2009年 09月 【20件】
2009年 08月 【19件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【28件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【15件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【16件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【20件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【19件】
2008年 09月 【21件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【18件】
2008年 06月 【8件】
2008年 05月 【4件】
2008年 04月 【17件】
2008年 03月 【16件】
2008年 02月 【15件】
2008年 01月 【14件】
2007年 12月 【19件】
2007年 11月 【17件】
2007年 10月 【17件】
2007年 09月 【19件】
2007年 08月 【17件】
2007年 07月 【18件】

LINK
  
SEARCH
<< 全タイトルを表示 >>
CREATIVE COMMONS

Creative Commons License